こんにちは。

そらクリニック院長の津田です。

昨日の午後に、就労移行支援センター クロスジョブ神戸 の利用者さんに向けて

『ストレスと適応障害』について講演してきました。

IMG_3115

IMG_3116

1時間ほどの講義にも関わらず、みなさん熱心に聞いてくれました。質問も沢山あり、頂いた時間を大幅にオーバーしてしまいました。

『適応障害』というのは、はっきりとした環境的なストレス因があり、そのストレス因を受けてから1~3か月以内にこころのトラブルを引き起こしてしまう 病気のことです。簡単に言うと、会社や学校、家庭の中のストレスによって、眠れなくなったり気分が落ち込んだりしてしまいます。

しかし、同じようなストレスが多い環境下にさらされても、人によっては適応障害になりやすい人となりにくい人がいます。ストレスへの対処が苦手な人や考え方に偏りがある人、人とコミュニケーションがとるのが苦手な人、空気を読むのが苦手な人、、、。そういった人達はストレスへの耐性が低く、適応障害を発症しやすいと言われています。

適応障害になりやすい人はどうすればいいのか。。

そらクリニックでは、精神科医やカウンセラーがストレス対処法や考え方の偏りを緩める方法をお教えします。また、専門のセラピストがマッサージやストレッチをして、直接的にストレスをほぐしてくれます。

ストレスを溜めることは適応障害以外にも様々な病気を発症する原因になります。

抱えたストレスをどうすればいいのかわからなくなっている人はぜひそらクリニックにお越しくださいね。