みなさま、こんにちは。

お元気にされておりますでしょうか。

 

いま日本では、緊急事態宣言が解除され、

長かったコロナ禍が少しずつ、段階的に収束に向かっています。

 

お仕事が再開したり

在宅ワークから通勤になったり

学校が再開したり

日中の子どもの世話から少し開放されたり

様々な変化が起きていると思います。

 

私たちは、2月~6月の間に様々な変化を体験しました。

人間にとって、環境の変化は非常にストレスになります。

私たちはこの4カ月の間、様々なストレスにさらされたわけです。

そして、環境の変化とそれに伴うストレスは、これからも続いていくでしょう。

 

では、どのようにストレスに対処したいいのでしょうか?

その解答の一つとして、「消極的休養」と「積極的休養」をご紹介します。

 

「消極的休養」は、みなさんが思い浮かべる休養です。

目を閉じて、腹式呼吸をし、ゆったりと休むような休み方です。

 

「積極的休養」は何かというと、

足踏みやラジオ体操などで、身体を動かして血液の循環を良くし、

体の回復を早める休み方です。

そう聞くと、「休んでいないじゃないか」と驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、抑うつ症状に対して効果があると言われているくらい、

身体を動かすことはとても重要な休養です。

 

もしいまストレスを感じていて、静的休養をしていても

疲れがとれないと感じている方がいらっしゃったら、

「積極的休養」を試してみるといいかもしれません。

ただ、普段動く機会が少ない方は、

急に動くと体がついていかない可能性もあるので、

数歩の足踏みから、無理のない程度からやってみてくださいね。

 

もし、自分だけではケアしきれない部分が出てきた場合、

そらクリニックへいらしてみてください。

医師・心理士ともども、みなさまの支えとなりますよ。

 

 

 

 

私事ですが、

私は消極的休養では疲れがとれなかったので、

ニンテンドースイッチのフィットボクシングで

積極的休養を試みています!

もちろん毎日継続はできていませんが(笑)

気が向いたときに少しだけプレイして、

セルフケアをしています。

 

 

 

 

みなさまが、健やかな毎日を過ごされますように。

 

中谷