こんにちは。

いよいよ梅雨になりましたが、いかがお過ごしですか。

雨が続いてなんとなく体がだるい気がします…。

生活の中には、ストレスを引き起こす原因がたくさんあり、人々は日常的にストレスを体験しています。

この場合は「雨」がストレスを引き起こす原因です。

ストレスを引き起こす原因は、温度、騒音、栄養不足、病気、過労、睡眠不足、人間関係のトラブル、緊張、不安、怒り、変化など様々で、何にストレスを感じるかは人によって違います。

ストレスを引き起こす原因によって起きた反応をストレス反応といいます。

この場合は「体がだるい」がストレス反応で、これも人によって様々です。

ストレス反応は、ストレスに対する自然な適応反応、防衛反応と言われています。

主なストレス反応は、

・やる気がでない、イライラ、落ち込みなどの心理的なもの

・動悸、発熱、腹痛、食欲低下、不眠などの身体的なもの

・喧嘩、引きこもり、暴飲暴食などの行動的なもの

があります。

ストレス反応が長く続くのは、過剰なストレス状態に陥っているサインです。

自分がストレスを感じやすい原因や、ストレスを感じたときにどのような反応を起こしやすいかを知っておくと対処がしやすくなるかもしれません。

ストレスを引き起こす原因を取り除く、休養する、リフレッシュ・発散する、人に相談するなどできると良いかもしれません。

ストレスと上手に付き合う方法はカウンセリングで一緒に考えることもできます。

よろしければご活用ください。

心理士 菅田