猛暑の日が続く中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

暑すぎると人の体は体温を下げようとします。すると、他の活動が鈍くなってしまいます。体温を下げることにエネルギーを多く使ってしまい、仕事や勉強が進まなくなってしまうのです。さらに、発汗によって塩分が失われて、疲労感をももたらします。

 

そして、湿度が高いと集中力の低下や眠気を引き起こします。そのような状態で仕事や勉強をするとなるとイライラしても仕方がないような気がしますね。

 

また、暑くなると心拍数が上がったり、体は覚醒する一方で、脳の働きは鈍くなり認知機能が低下します。その結果、イライラしてしまうと言われています。

 

このように暑さが体だけでなく、心に与える影響も大きいと言えます。そして、この暑さが心に与える影響を知ることで、暑さによるイライラを防ぐ行動(冷房機器を活用するなど)をとったり、イライラを誰か他の人のせいにしてしまうことを防いだりすることができるのではないでしょうか。

 

それでも、完全に防ぐことは難しいと思います。最近なんだかイライラしてしまう、何となくやる気が出なくて気分が下がってしまう、そんな時はぜひお話を聞かせていただけたらと思います。

 

心理士 岡村