こんにちは。心理士の岡村です。
最近、朝晩が冷えてきたりとすっかり秋らしくなりましたね。

さて、皆さん「季節性感情障害(季節性うつ病)」という言葉を聞いたことありますか?
(実は私は恥ずかしながらつい最近まで知りませんでした)
夏が過ぎて秋になるにつれ憂鬱になったりすることってありませんか?でも秋と憂鬱に何の関係があるんだと思いますよね。実は秋から冬にかけてうつ病になりやすいことが指摘されているんです。なぜかというと、夏に比べて日照時間が減少することで「セロトニン」という脳内物質が生産されづらくなります。セロトニンが減少すると、意欲が低下したり不安になったりするため、うつ病を発症しやすくなるということなんです。
予防するためには日光を浴びる、適度に運動する、などといったことが効果的だと言われています。

 

このようにうつ病ひとつをとっても様々な、思いがけないような原因もあるんです。ですので、なんだかしんどいな、つらいなというときは小さなことでも構いませんので、ぜひ相談していただけたらなと思います。