仕事終わり、帰り道で管理人さんとお会いします。

管理人さんとは挨拶をするだけで、それ以外話すことがないような関係性なのですが、「お疲れ様」という言葉をいただくと心が少し元気になるような気がします。


そして、この記憶は、自分が落ち込んだりしたときにも思い出すと元気を与えてくれるなあと最近気づきました。


私たちの身の回りには、このようなちょっと元気をくれる人というのが実はいたりするかもしれません。

行きつけのコンビニの店員さん、毎日乗る電車で自分を目的の場所まで運んでくれる車掌さん、寄り添いながら楽しそうに散歩をされているご夫婦。

元気をくれるのは人だけではありませんね。

植物、ペット、太陽、あるいは流星群などといったイベントなども元気をくれることもあるのではないでしょうか。


このような存在をサポート資源と呼んだりすることがあります。

サポート資源は、たくさんあればあるほどいいと言われています。


自分をちょっと元気にしてくれるちょっとしたサポート資源をたくさん見つけてみてください。

そして、落ち込んだ時に、良かったらそれらを頭に思い浮かべてみてください。

少しでも気分が楽になると幸いです。


心理士 入江