猛暑日が続いていますが、皆さま夏バテはしておられませんか?
水曜担当心理士の齋藤です。

 

夏バテの原因のひとつは、自律神経の不調と言われています。

人間は、暑さを感じると自律神経のはたらきにより、体温を一定に保とうと身体から熱を発散します。

猛暑では、屋外温度は極めて高く、一方室内では冷房の設定温度がどんどん低くなり、出入りの度に体温調整が繰り返されることになります。その結果、自律神経が乱れてしまい、夏バテに。。

 

夏バテを解消するには、室内と屋外の温度差を小さくするために、冷房の設定温度を上げたり、適度に身体を動かして汗をかき、汗腺を正常にすることをおすすめします。

また、予防として、疲労回復効果のある豚肉やうなぎ、ネバネバ食品のオクラ、リコピン豊富なトマト、そして食欲増進効果のあるニンニクなど、夏バテ予防になる食品を摂るようにしてみましょう。

 

夏バテを予防、解消していただいて、どうぞ健康で、楽しい素適な夏をお過ごしくださいませ。